集団的自衛権の前に

「日本の存立が脅かされ、国民の権利が根底から覆される明白な危険がある場合」に使えるとそうだ。ならば、まずそんな危険が起こらない様に、努力すべきだろう。孫子の兵法にも、冒頭に「孫子曰く、兵は国の大事なり。死生の地、存亡の道、察せざる可からざるなり。」、国民の生死、国の存亡がかかる戦争は回避せよとまず、言っている。

まず回避の努力を最大限すべきだ。例えば、他国を刺激する靖国公式参拝なんて、まず止めるべきでしょう。安部さん。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA