カテゴリー
未分類

赤木事件認諾国会でも問題

1月23日の日刊ゲンダイによると、

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/300303「19日、衆議院の代表質問でも問題が取り上げられた。立憲民主党の泉健太代表は「遺族の願いに応え真相解明を指示すべきだ」と首相に迫った上で、興味深い論点を持ち出した。

「認諾の賠償金は国民の税金からではなく、改ざんを指示した人物に負担を求める、つまり求償権を行使すべきです」

 求償とは、賠償金を払う原因をつくった当事者に、後から負担を求めること。実にもっともと思えるが岸田首相は違った。この賠償金について職員への求償権はないと断言したのだ。なぜ? その説明はなかった。そこで私が代わりに解説しよう。ヤバいからである。

 だって改ざんを指示した人物って、佐川宣寿元財務省理財局長のことだ。もし彼に賠償の負担を求めたらどう思うだろう」

(相沢冬樹氏)

私も前のブログにも書いたが、誰が指示したのか、指示した人物には責任がある。

認諾の賠償金は、税金ではなく、指示した人物、更にその上で指示した人物が負担すべきだ。

税金の無駄使いをさせるべきではない!

認諾の背後責任を追及しないなんてとんでもない!

カテゴリー
未分類

赤木事件認諾 とんでもない。

「赤木ファイル事件」真相解明逃れを許すな?請求の認諾が意味するもの
国は国民の血税を支払うことによって裁判を終結させた。

1 国家が酷いことやってる。恥の上塗り!税金の無駄遣い!
上記は朝日新聞の論座の記事のタイトルだが、この通りだ。勿論、被害の賠償そのものは認められるべきだが。
 本件民事裁判で、1億700万円の損害賠償を求めた故赤木三の妻雅子さん側の請求を国側は「認諾する」と伝えた。認諾は、被告が原告の請求を認めるもので、裁判所の調書に記載されると、確定判決と同じ効力を持つ。
 この記事には「そうであれば、我々国民は、国がそのように異例中の異例の手続きによって裁判を終結させた理由を知る権利がある。どのような証拠があり、どのような事実があると認めたために「請求の認諾」をすると国が決めたのかを知る権利がある。」としている。いやその程度の問題ではない。

2 何らかの手続を取るべき。
 証人尋問などを通して真相を知ることができなくなった今、国から説明を受けるしか方法はない。赤木さんの妻も全く同様の思いだろう。」
とある。
しかし、まず、とんでもない被害事件とは言え、一般的に、このような高額の請求がそのまま認められることは無く、このような認諾は違法である。
このような高額の請求=支払いをなんらかの法的手続きが考えられないだろうか。

また、本件は国賠法による請求だが、国賠法には、不法行為を行った本人に対し直接賠償請求をすることはできないが、国が賠償した後には、当該公務員に求償(支払い)の請求ができる(国賠法2条。当該公務員の故意または重過失が要件だが、これは当然満たされるだろう)。しかし、この権限が行使されるとは到底思われない。
この権限行使を強く要求すべきだし、しなければ、それについても国賠請求すべきだろう。
3 地方自治法の例 
なお、国家についてはこのよう手続はないが、地方自治体(首長)については、住民監査請求を経て、地方自治法242条に2第1項4号で、自治体に賠償金相当額に支払いを請求することを求める住民訴訟を提起できる。
以前には、国立市長の問題(東京地判平成22年12月22日、判時2104ーp19)。
大分の教員採用試験の不正につき、最判令和2年7月14日(最高裁のホームページ参照)

カテゴリー
未分類

NHKダークサイドミステリー マクマーティン児童施設裁判 面白い。

「子どもたち400人に何が起きたのか? ?マクマーティン児童施設裁判」
1980年代のアメリカ伝説的裁判!児童の組織的性的虐待と悪魔崇拝の強要?
しかし子どもの証言は矛盾。

このマクマーティン事件というのは、wikipediaにもあるし、書籍にもなってる。
この事件の真相というのは、私が想像するに、実際に、セクハラを受けたこどももいたのではないかと思う。
しかし、警察やカウンセラーが多くの子供たちに被害の有無を、善意から、丁寧に聞いたので、被害を受けていない子供も聞かれたことに答えようしてして、想像で証言して、多数被害者になってしまったというのが真相では無いだろうか。
子供の証言に、地下室があるとか、色々荒唐無稽の証言が多数あったのもそういうきかっけだったのでがないだろうか。それが何百もあったのがで当然皆無罪となる。
それで、本来あった児童虐待の事件も無罪になってしまった。
そういうことではないだろうか。

読売新聞で過去に取り上げられたレインボーヒーリングというのがあります。

以下は引用のページ
これは、記憶の作出ですね。もっともある程度大人にまってますけど。
記憶を作るということは結構容易なんですね。恐ろしや!
https://www.facebook.com/102387407847514/posts/149120713174183/

自己啓発団体、「虐待」何度も尋ね記憶操作か…親の相談受け弁護団結成
自己啓発団体の参加者の親から、ありもしない幼少期の虐待被害で子供から金銭を要求されたとの相談が相次いでいる問題で、団体が参加者に対し、煙が充満する部屋に入らせるなどの儀式をハワイで行い、その間に繰り返し虐待の有無を尋ねていたことがわかった。大阪の弁護士は20日、弁護団を結成。団体が参加者を精神的に追い込んでマインドコントロールし、虚偽の虐待被害の記憶を植え付けたとみて、両親や元参加者を対象に相談を受け付ける。

カテゴリー
未分類

NHK関西熱視線でも宗教2世

この関西熱視線
またまた宗教2世、今年3回目の焼き直しですね。

もっとも、前回みたいに、もろエホバ、とわかるような、例えばハルマゲドンな
んて言葉が出てきたりしませんが。

エホバ以外に、別のカルトも。親が結婚相手を選ぶ??
統一教会のことかしら??

以下で解説
https://blogtag.ameba.jp/detail/%E5%85%83%E3%82%A8%E3%83%9B%E3%83%90%E3%81%AE%E8%A8%BC%E4%BA%BA

京都府立大学の准教授の横道誠さんという方が、フォーラムを立ち上げているよ
うです。

ま、3回の放送は、エホバについては、カウンセリングとかの材料になるし、裁
判dでも使えますかね。

カテゴリー
未分類

日テレ系 コントが始まる。が面白い。

カルトそのものでは無いが、挫折からの回復には
話す、話させることの大切さが出ていて面白いです。
それと、何より連絡を取り続ける。
日テレ系 コントが始まる。第3回。

私の所には、カルトやマルチにはまった家族のことの相談が来る。
基本的な対策は、
何時でも連絡はとれるようにしておく相手からの返答がなくても、簡単なメールは送り続ける。
相手のことを馬鹿にしない。
とにかく話をさせる。

あと、無駄なお金は渡さない。
それだけです。

カテゴリー
未分類

NHK 逆転人生 宗教2世が面白かった

カルトという言葉も、マインドコントロールという言葉も出てこなかったのですが。

 とってもよかったと思います。
ハルマゲドン云々や内部での差別等、エホバの問題点が浮彫にされ、悩んだ2世
がどんな目に合うかがどぎつく描かれていました。
マインドコントロールなんて言葉も出てこないし、西田先生も、人権の問題とし
てコメントしていたのも面白かったです。

勿論問題なのはカルトのマインドコントロールなのですが。

カテゴリー
未分類

オリンピックはさっさと止めてモリンピックに??

この人が総理大臣だった時に、クリントンとの階段があった。その時に英語で「how are you?」というべきところを、「who are you」と繰り返して、失笑を買ったとか。
この話の真否は知らないが、そんな話が出るような人物だということだ。

二階俊博幹事長が会見で森氏を擁護し、火に油を注いだ格好となったようだ。

IOCからは、辞任要求がでているそうだが、周りにいる関係者に、まともな人はいないようだ。
すこしでもまともなひとがいるなら、せっかくだから、これをチャンスと見て、オリンピックを止めることにしたらどうだ。どうせできるわけが無い。

ま、森さんは、やめられないような利権があるとの話もあるようだが、迷惑なのは、選手たちだ。さっさと止めたほうが、何よりも、選手、その他関係者を落ち着かせる。

東スポによると、以下のような記事もある。

その名もモリンピック――。そこまで言うなら「森さん、ひとりでやって下さい」という意思表明で、現在「♯モリンピック」で拡散されている。

 コロナ禍の密集対策で「(聖火ランナーの)タレントは田んぼ走ればいい」などと口を滑らせていたが、これに対しても「森さん、ひとりで田んぼ走って下さい」という意見が飛んでいる。 世界屈指の〝失言王〟森氏には呆れるほかない――。

カテゴリー
未分類

37.5度4日間自宅待機は見直し!

2月頃に「37.5度4日自宅で我慢」という「お上からの呼びかけ」をラジオで聞いたとき、おかしいと思った。37.5度の熱がでたら普通「自宅」から病院へ行っている。普通の風邪でも37.5度あれば病院へ行く。しかし、この「37.5度4日自宅で我慢」は、受け入れる病院側、医師側の体制作りの意味もあった。
しかしそろそろ変えていくべし。岡江久美子さんの例なんかにある通り、免疫力の低下ある人でもあったし、様態急変には対応できない。
検査希望者は原則検査すべき。
それから、自宅待機でなくて、ホテルを借りててくれ。
倒産しているところなんか最適。

それと、怖いのは肺炎です。できればCT 直ぐわかる。

レントゲンでは遅い! もっともCTは値段も高いし、被曝します。
簡単にするならかかりつけ医で、パルスオキシメーターで測定。
そこで怪しいなら即刻PCR検査が受けられるようにしてほしい
特に、自分で症状を訴えられる人は良いが、高齢者、子供は少し怪しいと思ったら即刻検査につれていきましょう。?
肺炎の症状例が、ネットでも公開されています。
ただ、隠れ肺炎もあるとか。おそろしや!

カテゴリー
未分類

コロナ 肺炎の検査 CT検査を

顧問先の病院から聞いたりしたこともありまして。
怖いのは肺炎です。死因の大半です。
高熱、咳とかがあったら、すぐに普通の病院に行くこと。
検査はCTです。富川アナも、赤江アナ(の夫?)もCT検査の後すぐPCR検査をしたそうです。ワイドショーではレントゲンとあったけど精度が違う。もっともレントゲンで異常が見つからなくても、血液検査で判ったというのもありました。

37度5分の熱4日間なんて待ってられません。肺炎の疑いがあったら即刻検査
しましょう。ただ、この場合も、原則保健所に電話→PCR検査のできる病院の外来に行く、のが原則のようです。これでは、時間がかかる。

東京では、かかりつけ医から検査できるところへ回してもらえるようになっているようですが。とにかく肺炎検査→早くPCR検査です!。

カテゴリー
未分類

休業させろ、通勤させるな。休業補償しろ。

繰り返すが、まず、都会では通勤しないで良いように、休業指定をしていない会社の休業も促進すべし。3月の給料と同じ額を、1か月分払うから、1か月休め、と言えばよい。わかりやすい話だ。

また、休業指定をした業種は勿論、飲食店等、休業せざるを得ないところも、全て保証の対象にすべし。

昨日、午後6時頃、京都の中心部四条河原町の回転すしに入ったが、貸し切り状態だった。営業時間を短縮しているようだが、中途半端なことはせずに、休んだらどうか。休んで良いように補償をしたらいい。

以下引用が長くなるが、ドイツの自営業向きのようですが、ずっと高額かつ判りやすい。

行きつけの書店は店舗は閉めているがメールや電話で本を注文すると取り寄せて家まで届けてくれる。お持ち帰りサービスを始めたレストランもあり、店の前に一メートル半の間隔を開けて人が並んでいる。生き残るためにどの店も必死なのだ。フリーの演奏家は七月までのコンサートが全部キャンセルになり収入がゼロだと嘆いている。ライブハウスもジャズ喫茶もこのままでは潰れてしまう。個人経営のヨガ教室も理髪店も同じ心配を始めた。その不安に答えるように、国の予算が赤字になるのは承知の上で補助金を出す、とメルケル首相が発表した。零細企業は雇用者に払う給料の一部と家賃を肩代わりしてもらえる。フリーの俳優、演奏家、朗読会の謝礼を主な収入源にしている作家などは、蓄えがなくて生活が苦しくなった場合は申請すればすぐに九千ユーロの補助金がもらえる、と書かれた手紙が組合から来た。わたし自身は補助金をもらう気はないが、文化が大切にされていることを実感するだけで気持ちが明るくなった。

(多和田葉子のベルリン通信)理性へ、彼女は静かに訴える

https://digital.asahi.com/articles/DA3S14440334.html?pn=1