月別アーカイブ: 2019年5月

西山ファーム出資法違反で捜索 西山側のデータで判る。

粉飾決算もありますが。

前注:粉飾決算の疑い、とか、出資法違反の問題は、MBSの「副業ビジネス」を見てください。
私のホームページのほうからいけます。kanoyuji.com

(序)被害者の方や相談を受けている相談員の方へ
本件では、カード利用代金のお金の流れが、カード会社→決済代行会社→販売会社(西山側)ということになっているようです。(ただし、どれだけあるかは未詳)。
その有無を確認の上、まず、決済代行会社からカード会社にへ返金させるようにしましょう
そうすれば、、カード会社への債務が消えます。
ただ今のところ決済代行会社に請求してもカード会社に戻してもらってないケースも多いようです。

支払い停止の抗弁をされている方も多いと思われますが、債務の存否とは別問題です。
決済代行会社と交渉してください。

1  西山ファームとはフルーツ事業の会社?
西山ファームは、岡山県で農園を経営し、イチゴ刈りなどで地元で有名だそうです。
①ホームページなどによれば、最近破竹の勢いで飲食店舗を展開している。
平成30年3月 東京オフィス 開設
平成30年3月 現地法人Nishiyama Farm(HongKong)を設立
平成30年7月 FRUIT HOUSE 本店オープン
平成30年8月 FRUIT HOUSE HongKongオープン
平成30年10月 FRUIT HOUSE 問屋町テラス店オープン
平成31年3月には、フルーツピクニック原宿表参道店オープン
平成31年4月 Parlor MOMO Hong Kong オープン
②売り上げが急激に伸びている。
1億2000万円(2015年12月期実績)
15億8000万円(2016年12月期実績)
36億8000万円(2017年12月期実績)  
2018年12月期の実績は102億円とされていたそうが、西山ファームのホームページでは消えている。いまだに「集計中」となっている。5ヶ月も経って集計中とは変な話だ。
平成29年まででも、急速に上昇している。農園がとてもはやっているなどの説明はない。
これほど事業展開が急ピッチでなされたことは、売り上げが急上昇したことが原因なのだろうが、なぜ売り上げが急上昇したのか、ホームページ等で説明は全くない。
売上の大半が以下の投資関連事業ではないのかと言われている。

2 西山ファームのネット上の話題。変なサイトが一気にできた。
誰が作ったのはともかく、問題点の目くらましにはなる。
投資に月1%の金利をつければ、クレジットカードの手数料が2%としても、月合計3パーセント、年利36パーセントとなり、破綻必至の事業といえるでしょう。

http://nishiyamafaamu.com/
「ところで、西山ファームはこのような農業事業だけを行っている企業というイメージが強いのですが、その他にも最近は名古屋で投資事業も行ったり、在宅ワーク関連のビジネスを展開したりもしており、売り上げを着実に伸ばしています。特に投資事業は高利回りを実現し注目されています」
「ところで、西山ファームはこのような農業事業だけを行っている企業というイメージが強いのですが、その他にも最近は名古屋で投資事業も行ったり、在宅ワーク関連のビジネスを展開したりもしており、売り上げを着実に伸ばしています。特に投資事業は高利回りを実現し注目されています。」

以下同様のサイト 西山ファームの名前が乱れるてる??
http://nishiyama-famutoushi.com/
http://toushi-nishiyama-faamu.com/
http://nishiyama-faamu.com/
http://nisiyamafaamu.com/

3 「 西山ファームの投資詐欺について」 というサイトもある。これはスラップサイトと言われても仕方がないのでは?
http://www.roomer-ss-relief.com/
スキームのことに触れて(内容略)、
「 本件記事は、原告が農産物の生産、販売等を業とする会社でありながら、消
費者から高額な利率で預金を集める出資法違反の行為を行っているような印象を
与え、また、消費者に原告の商品をクレジットカードで販売した上で、消費者が
転売した価格の約半分を受け取り不当な利益を得ているという印象を閲覧者に与
え、原告の社会的評価を低下させている。」
とあるが、上記スキームが正しいとすれば、「出資法違反の行為を行っている」ことを認めることになりませんか?